• 女性の身体
妊娠について

妊娠初期症状

  • 妊娠に向けての身体づくり
  • 福岡の子育て支援情報
  • 性病とは
  • 中絶について
  • ピル・避妊についてはこちら

荘田レディースクリニック 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神 1丁目15-6 綾杉ビル3F

監修クリニックについて

妊活!不妊を解消してくれる食べ物8選

食事は体の基盤を作るための重要な要素です。そのため毎日口にするものには特に気をつけていたいですよね!
今回は不妊を解消してくれる可能性がある食べ物を8選してご紹介します。

妊娠するために効果的な栄養素

f68721bc7599a0784f8d4ae8bc6a07b3_m
不妊対策に効果的な栄養素は主にホルモン分泌に影響を与えて血流を良くし、受精卵の受入環境を整えられるような丈夫な体づくりができるものです。
以下のものが代表して知られています。

・亜鉛:生殖ホルモンの効果を高める働き
・ビタミンE:ホルモンを生成する臓器に多く含まれるもの
・DHA:血液をきれいにし血流促進の働き
・リジン:体の受胎能力を高める働き
・鉄分:生理周期を整え生殖臓器を丈夫にする働き
・葉酸:丈夫な生殖期間を作り受胎能力を高める働き
・ビタミンA:正常な細胞作りに効果的

これらの栄養素を存分に含んだ食物を普段から取り入れていきたいですね。
しかしもちろんバランスが重要です。一つだけを取り入れたりせず、いろんな栄養素を適度にとって健康的な食生活を心がけましょう。

では上記の不妊対策の栄養素を含む食べ物にどういうものがあるのかを見ていきます。

レバー

gari_heart
実はレバーは様々な栄養素を豊富に含んだ最強な食べ物です。
鉄分はもちろんのこと、ビタミンAや葉酸、ビタミンB2、ビオチンなどを含み妊娠中でなくてもおすすめな食べ物。
ビタミンAや葉酸に関しては、他の食品に比べても最高位に位置するほど豊富に栄養素を含んでいるようです。

特に鶏と豚のレバーは亜鉛を豊富に含み、牛レバーは鉄分と葉酸を豊富に含んでいます。
レバーは煮物にしてもいいですし、コンフィにしてちょっとおしゃれに食べてもいいですね。

鶏と豚

a17062216190862f4fbf31cd77bf922d_m
普段の生活でも使うことが多い鶏肉や豚肉にも妊娠促進に効果がありそうな栄養素が含まれています。
例えば受胎機能を高めてくれるリジンやビタミンA、鉄分、葉酸などが挙げられます。また肉類なのでタンパク質も豊富に含まれており、体力を消耗しやすい妊娠中のスタミナを補う意味でも不妊対策にいいですよね。

魚介類

96e53a451e719592661b4c45c5d50753_m
魚介類も栄養素の宝庫。ビタミンEや亜鉛、鉄分、DHAなど妊娠に必要不可欠な要素が豊富に含まれています。
DHAは新陳代謝をアップし、美容や健康だけではなく子宮の機能を高めてくれるという魅力もあります。

特に牡蠣には亜鉛がたっぷりと含まれていますし、男性パートナーにも食べてもらうことで精力アップも見込めます。
お味噌汁などに使えるシジミはビタミンEと鉄分を摂るにはオススメです。
また魚は豊富なタンパク質を含んでいますが人間の体に吸収されやすいものばかりで血液の浄化作用にも効果があるものが多いので、エネルギーを取りつつ健康な体づくりを行うにはうってつけの食べ物です。

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_m
万能食品の一つとして知られるのは卵です。ビタミンAやビタミンE、葉酸を豊富に含むので不妊の対策としてもぜひ取り入れたい食べ物です。
特に生理周期を整え排卵しやすくする女性ホルモンの構成要素コレステロールを摂り入れられるのも魅力の一つです。
またそれだけではなく、エネルギーやタンパク質、適度な脂質もあるので毎日でも取り入れたい食べ物ですね。

玄米

f3f2e698a16294bb3ef4b3aa9340e961_m
完全栄養食と言われる玄米は不妊の対策としても有効です。
玄米にはビタミンEから始まり、鉄分や亜鉛、葉酸も含まれているので玄米との組み合わせでしたら毎日バランスの良い食生活を送れます。

ほうれん草

2559e31b3302b6ad3e88905918d8f1b3_m
総合栄養野菜とも称されるほうれん草は野菜の中でも特に取り入れたい食べ物です。
子宮内膜を強くして受胎環境を整えてくれる葉酸が初めて発見された食べ物でもあります。よって鉄分や葉酸を豊富に含んでいます。

また一年中野菜コーナーで見つけられる野菜ではありますが、冬に生産されたほうれん草の方が栄養価が高いようです。
皆さんも冬場にはほうれん草を積極的に取り入れてみてくださいね。

ニンニク

480647a3062f54d4f6702f1e625a6cf4_m
ニンニクは女性だけでなく男性にとっても性機能の改善に役立つといわれています。
またニンニクに含まれるスコルジニンという栄養素は、血行を改善する働きだけでなく精神を落ち着けてくれる役割もあるそうなので、ストレスに悩む妊活中にも効果がありそうです。

大豆

bfeab97e35debed5321f738b6eda1dd2_m
大豆は古くから日本で親しまれ続けている常用食品ですよね。煮込みに使ったり他の料理にちょっと加えたりするだけで簡単に取り入れることができます。
大豆にはビタミンAやビタミンE、亜鉛、鉄分、葉酸など不妊の対策に効果的なあらゆる栄養素が豊富に含まれています。
また卵子のクオリティも高めてくれるので妊娠しやすい体づくりに役立ちます。
栄養価を高めるためにオススメの食べ方は栄養素を外部に漏らしにくい蒸し大豆です。

黒ごま

f3e4934a9ad57e03e80a90e4f87644c7_m
鉄分や亜鉛、ビタミンA、ビタミンEを豊富に含む黒ごまも不妊対策の食べ物として欠かせません。女性ホルモンの構成に有効なミネラルも含んでいるので、排卵しやすい体づくりに貢献してくれます。

どんなレシピにもちょっとプラスするだけで深みを与えてくれる食べ物なので簡単に取り入れられます。
目安としては1日30グラムほどにしておきましょう。それ以上食べるとお腹がゆるくなる可能性もあるようです。

不妊対策に効果がありそうな食べ物8選はいかがでしたか?バランスよくこれらの栄養素を取り入れて、ぜひ美味しく不妊対策をしていきましょう!